MENU

普段使いに適したもの

リング

生活に支障の出ない選び方

婚約指輪はフォーマルな場でしか身に着けない人も多いですが、最近は普段使いをする人たちが増えてきました。結婚指輪のように、婚約指輪も毎日身に着けるには、そのデザインや素材に注意して選んでいく必要があります。まず、仕事や家事をするうえで、支障のないデザインや素材が婚約指輪に求められます。具体的には、引っ掛かりにくいデザインが挙げられます。ダイヤの部分が目立って突出していたり、凹凸のあるデザインであったりすると、服やその他の物に引っかかってしまう可能性があるからです。これを防ぐためには、ダイヤが埋め込まれた作りやシンプルなデザインを選んでいくと安心です。最近は普段使いの人の声を反映させたデザインが増え、シンプルでありながらオシャレなデザインが目立つようになりました。シンプルなデザインの婚約指輪は、どのような場面でも身に着けられることから、一生を通して役立つ存在になります。また、婚約指輪はその製法や純度によって強度が異なります。強度が高いほど形が変形しにくくなるので、普段使いには最適な婚約指輪となります。製法では型に金属を流し込んで作る鋳造より、金属をたたき上げる鍛造の方が強度が高くなります。そして、純度の高い素材は柔らかい性質を持つため、強度の面ではやや不安定さが出ます。純度の高い素材にはプラチナがあり、この素材に純度をさらに追及するほど柔らかい性質が目立つようになります。こういった製法や純度のついては、ジュエリー店の店員に確認するようにすれば詳しく教えてくれます。普段使いの婚約指輪を探していることを伝えれば、それに最適な物を紹介してくれるので、その中からデザインや素材についてこだわることができます。

Copyright© 2018 結婚指輪なら手作りをプレゼント【最高の思い出作り】 All Rights Reserved.